歯周病治療

medical

歯周病学会専門医による
歯周病治療
現在、日本人の30〜40代の約80%以上がかかっていると言われる歯周病は、
細菌によって歯を支える組織(歯肉や歯槽骨など)が徐々に崩壊される感染症です。
城東区成育の歯医者あい大人こども歯科クリニックでは、
この重要な歯の土台部分において、
歯周病専門医による質の高い治療を提供いたします。
  • *
  • *

歯周病は気付かない間に
進行する

歯石と歯垢がたまり、歯槽骨で歯を支えられずグラグラに

手遅れになる前に歯科医院へお越しください
歯周病はお口の中に細菌が定着することで歯茎が赤く腫れる「歯肉炎」から始まり、歯の周辺組織(歯周組織)を破壊しながら悪化していき、最終的には歯を抜け落としてしまいます。「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれているように、静かに痛みもなく進行するため、気付いた時には重症になっていることが多く、虫歯を抑えて「歯を失う原因」の1位でもあります。
また歯周病は感染症のため、1本でもかかってしまうとお口の中全体に菌が広がってしまう非常に恐ろしい病気なのです。手遅れにならないように初期症状がないかチェックをし、気になることがある方は早めに歯科医院へお越しください。
歯周病とは無縁、と思っている方も
歯周病の症状をチェック
  • 歯ぐきが赤く腫れている、膿が出る

  • 硬いものを噛むと痛む、噛みにくい

  • 歯みがきをすると血が出る

  • 歯と歯の隙間に食べ物がよく詰まる

  • 起床時、お口の中がネバネバしている

  • 昔よりも歯ぐきが下がったような気がする

  • ご自身の口臭が気になる

  • 歯がグラつく、浮いているような気がする

当てはまる項目が1つでもある方は、
ぜひ一度歯科医院へ!

歯周病と全身疾患の関係

お口の健康が全身の健康に影響する

「歯周病くらい大丈夫」と軽く考えてはいませんか?
歯周病はお口の病気なので軽く考えてしまう方も多いです。しかし歯周病菌はお口の中だけにとどまらずに血流に乗って全身を回り、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などにも影響を及ぼす、全身の病気と深い関係にある大変深刻な病気なのです。
また歯周病に限ったことではないですが、歯を全て失ってしまった人は抑うつになるリスクが高いということも報告されています。
全身の健康を守るためにも、お口の健康を軽視せずに早めに受診しましょう。
  • 早産・低体重児出産
    妊婦さんが歯周病に感染していると血中に入り込んだ歯周病菌が胎盤を通り胎児に感染してしまう危険があります。それが低体重児や早産を引き起こす原因になることがあり、その危険率は7倍と言われ、アルコールやタバコ、高齢出産などよりも高いです。
    生まれてくる赤ちゃんの健康はもちろん、安全な出産で母体に負担をかけないためにも歯周病を予防しましょう。
  • 糖尿病
    糖尿病は歯周病と同じ生活習慣病です。糖尿病を患っている方は健康な方よりも歯肉炎や歯周炎にかかっていることが多く、さらに歯周病になると糖尿病の症状も悪化する場合があるということもわかっています。
    そのように歯周病と糖尿病の関係は密接で、歯周病の治療で糖尿病が、糖尿病の治療で歯周病が改善されるという相互関係が成り立っていると言えます。
  • 動脈硬化・心臓疾患
    歯周病菌が血管に入る際に起こる刺激によって動脈硬化を引き起こす物質が発生してしまうため、歯周病などの細菌感染が動脈硬化の一つの要因とされています。
    また、その刺激によってできた血管内の沈着物が血液の通り道を細くしてしまうため、心臓疾患を引き起こす要因ともされています。
    そのように歯周病の放置は命にも危険を及ぼしてしまうことがわかります。

歯周病の予防・治療法

*

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
スケーリング
歯石は歯垢(プラーク)が石灰化してできているため、通常の歯みがきでは落とすことができません。歯をきれいにするためには、スケーラーという専用の器具を用いて歯石や歯垢を徹底的に除去していく「スケーリング」という歯石取りを行う必要があります。
スケーリングには歯をきれいにするだけでなく、歯周病の発生や進行(悪化)を抑制・予防する効果もあります。

*

中度歯周病(歯周炎)の場合
ルートプレーニング
「ルートプレーニング」とは、歯の根(ルート)にまで付着した歯垢や歯石を特殊な器具を使用して除去していく治療です。
歯周病が中度まで進行している場合、スケーリングだけでは歯ぐきの奥、歯周ポケットなどについた歯垢・歯石が除去できないため、ルートプレーニングを行います。
ルートプレーニングでは歯周病菌に感染した歯質なども除去するため、施術後は歯や歯の根の表面もツルツルになり、歯垢や歯石などの再付着の予防にも効果てきめんです。

*

重度歯周病(歯周炎)の場合
重度まで進行してしまった歯周病は、スケーリングやルートプレーニングで汚れを除去しただけでは改善されません。
歯が溶けてしまっている場合には歯周組織再生治療で骨の回復を行うなど、外科的な処置を行う必要があります。
歯周病には予防が最も有効

まずは予防、なってしまったら早めに治療を!!

歯周病には様々な高度治療がありますが、歯周病を予防して治療を受けないことが負担も少なく最も効果的です。
毎日のブラッシングで歯垢を取り除き、歯垢が歯石にならないように少なくとも半年に1度は定期検診にお越しください。
定期検診では歯科衛生士による歯垢・歯石の除去と歯の健康チェック、正しいブラッシング指導、PMTCなどのクリーニングやケアを行っています。

私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集中
ページの先頭へ戻る