歯の着色について

こんにちは!歯科助手の中西です😊

4月になりましたね!

皆さん新生活はどうお過ごしですか?

楽しみなことや不安なこともあると思いますが、皆さんにとって、良い新生活になるよう願っています♪♪

今日は歯の着色についてお話ししたいと思います

歯の着色にはいくつか原因があります。

まず一つめは、コーヒーや緑茶など濃い色の飲み物や食べ物です!

コーヒーなどで着色してしまうということはよく聞いたことがあると思います。

ほかにも紅茶や烏龍茶など、カフェインやタンニンが含まれる飲み物は着色しやすいと言われています。

コーヒーは毎日飲まないとだめ!という方も多いと思います💦

少し意識して見てください。昔より着色がついているかもしれません。

 二つめは、タバコに含まれるヤニです。

タバコをよく吸われる方は歯の色が茶色くなっていることが多いです。。

歯の表面には、「ペリクル」という被膜で覆われています。

このペリクルは粘性が高く、細菌や食べカスなどを付着しやすくなってます💦

ですので、着色の濃いものを食べたり、飲んだり、たばこを吸うことによって、歯の表面を覆っているペリクルが着色してきます。

強く着色がついてしまった場合は、普段の歯磨きでは落としきれないので、歯医者さんで着色を取ってもらう必要がありますね

ほかにも歯の色が内部から変色している方はホワイトニングや被せを作るという方法も一つあります!

当院でもホームホワイトニングをしています。歯の黄ばみや着色が気になる方がいましたらぜひ一度お越しください😊

 

城東区関目、野江

あい大人こども歯科クリニックより

最近の投稿
2021年12月
11月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集中
ページの先頭へ戻る