フッ素はいつから?


フッ素はいつから塗ればいいの?と小さなお子様を持つお母さんからよく質問されることがあります。

お子様の歯が虫歯になりにくくするためにどうしたらいいのか不安もあり、よくわからないですよね。

フッ素を塗るタイミングとしては歯が生えてきた時です。

歯が生えて間もない時は、むし歯になりやすいのです。

そのためフッ素には歯を溶けにくくする作用があるので、まだ小さい乳歯や、永久歯に関わらず、生えてきたら塗るのが最適です。

そもそも、フッ素自体は毒なんじゃないの?どれくらいの量なら大丈夫なの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。基本の一定量を越さなければ、体に害を与えることはほとんどありません。

フッ素濃度としては、1000ppm以下のフッ素を使用することを進めています。

現在では、1000ppm以上1500ppm以下の高濃度のフッ素を配合しているものがでてきていますが、こちらの注意点としては、6歳未満の子どもへの使用を控えるようにして下さい。

しかし、歯科医院では医師の管理の下では高濃度のフッ素を使うこともあります。

ご自宅でフッ化物配合の歯磨き粉などを使用する際は、フッ化物の濃度や、注意事項を必ず読んでもらうことが大切ですね。

ただし、これらのフッ素を塗ったからといって、完全にむし歯を防ぐことはできません。1人で歯磨きができないお子様には、毎日の習慣として歯を磨いてあげて下さいね。さらに1人で磨けるようになったとしても、磨き残しがあることもありますので、最後の仕上げ磨きをしてあげるといいですね。

他にもわからないこともあると思いますので、一度当院にお越し頂ければと思います。

最近の投稿
2020年4月
2月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
私たちと一緒に働きませんか? スタッフ募集中
ページの先頭へ戻る